住宅ローンを頭金なしで組むメリットとデメリット – 銀行カードローン

住宅ローンをフルローンで組むのは危険? そのメリット・デメリットは?

かつては、「マイホームを購入するには、物件価格の2割を頭金として用意する」ことは常識とされていました。いまでは、頭金を入れなくても物件価格の100%を借入れるフルローンで家を買う人や、諸費用までもローンで借り入れる人が出てきています。住宅ローンをフルローンで組むのは危険なのでしょうか? そのメリットとデメリットのほか、フルローンで家を買ってもいい条件について解説します。

マイホームを購入する前には、2割の頭金を用意してください

住宅展示場などで行なわれているマイホーム購入の相談会などで、こんな言葉を耳にすることがあります。

 

借入れる金額が少なければ、毎月の返済額は少なくなるので、家計の負担を抑えるためには、これは理にかなった考え方と言えるでしょう。

ですが、ご家庭の状況によっては、必ずしも頭金を貯めてから購入するばかりが正しい選択だとは限りません。

 

近年、かつてなかったほどの低金利で、住宅ローンを借りることができる状況が続いています。そして、この状況を住宅購入の絶好の機会ととらえて、あえて頭金を入れずに住宅を購入する方も増えています。

フルローンで家を買うというのはどういうこと?

頭金を入れずに住宅を購入するというのはどういうことでしょう?

簡単に言えば、家の価格と同額の住宅ローンを組んでマイホームを購入するということです。このように、物件価格の100%を借入れで賄うことを「フルローン」と呼びます。

 

頭金のためにまとまった貯蓄がなくても、銀行がその担保価値を高く評価してくれる物件であれば、頭金なしで住宅ローンを組んでマイホームを手に入れることができるのです。

諸費用も含めてローンでまかなえる時代に

住宅を購入する際には、通常、仲介手数料登記費用といった諸費用がかかります。諸費用の目安は、だいたい物件価格の7~10%と言われており、本来、この諸費用は自己資金で用意する必要があるとされていました。

ですが、最近では、この諸費用まで含めて住宅ローンとして借りられるケースも増えています。つまり、自分のお財布からお金を出さなくてもマイホームが手に入ってしまうケースも出てきているのです。

ここで、3000万円の住宅を購入する場合、2割の頭金に加えて、10%の諸費用を現金で用意する場合を考えてみましょう。

その場合、頭金として600万円、さらない諸費用として300万円合計900万円を用意しないと購入に踏み切れません。

ですが、フルローンで借入れをすれば、諸費用の300万円を準備するだけでマイホームの購入に踏み切れます。また、諸費用分も含めたローンを組むことができれば、手元の現金を減らすことなくマイホームを購入することができる時代になったと言えるでしょう。

頭金を入れずに、100%のローンを組んでマイホームを購入するのは危ないのではないかと感じる方もいらっしゃることでしょう。購入する物件の価格にもよりますが、頭金を入れない分だけ借入れの金額が増えることになり、借金の額が大きくなるからです。

 

これを「危ない」と思う感覚は間違っておらず、正常な感覚であると、私自身も思います。

さきほどの例で言えば、頭金2割を自己資金で用意できれば、2400万円(3000万円−600万円)を借りることになりますが、フルローンの場合は3000万円の借金を抱えることになるわけです。

返していけるのだろうか…」と、返済が不安になるのも当然でしょう。

 

ならば、フルローンでマイホームを買うのは危ないから止めるべきなのでしようか?

ファイナンシャル・プランナーとしての私の考え方を申し上げるなら、決してそんなことはありません。

無理なく返済を続けていけるのなら、フルローンはマイホームを購入するまでの時間を短縮できるという有効な方法になり得るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *