住宅ローンを頭金なしで組むメリットとデメリット

住宅の購入は、人生で一番高い買い物ですのですぐには決断できませんよね。
仕事や学校などの通勤のしやすさや、毎日の食材などの買い物のしやすさ、静かにゆっくり住める静かな場所など条件は人それぞれでしょう。
その人それぞれの条件にあった家が見つかるとほとんどの人は住宅ローンを組んで家を購入します。
住宅ローンは何十年も払い続けなければなりませんが、その分毎月支払う金額が少なくて済むので普段の生活に支障をきたすことはありません。
そういった場合ほとんどが頭金を払うことになります。

しかし、中には住宅ローン組まずに頭金なしで一括で住宅を購入する人もいます。
一括で購入するには一回で支払う金額がとても高額ですので、ローンがない分デメリットとしては日々の生活が少しきつくなるということです。
貯金もたくさん残ってはいないでしょうから、毎日の生活がギリギリになる人もいるでしょう。
しかし、頭金なしで一括で支払うことでメリットもあります。
頭金なしで住宅ローンを組まないことで、利子がつくことがないのでその時に提示された金額で家を購入することができるということです。
ですから最初に提示された金額より多く支払う必要がありませんので、日々の生活費は少々きつくなるかもしれませんがその分余分なお金を支払う必要がないのです。
長い目で見れば頭金なしで一括で支払う方がお得なのです。

住宅ローンを組むのと一括で購入するのとそれぞれにメリットデメリットがありますので、自分の生活スタイルにあったやり方で住宅を購入することをおすすめいたします。
一番お得な住宅ローンガイド|安心でお得な住宅ローンを徹底比較!はこちら

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.